日本在宅医療福祉協会
line 協会紹介 行事予定 部会紹介 リンク集 会員専用 ホーム line
・研究会
 

日本在宅医療福祉協会は日本在宅医療・在宅ケア研究会を後援し、下記をはじめとしたセミナー・講演会活動を支援しています。

 

 
 

平成23年10月

三角 講演会 2012年度診療報酬・介護報酬同時改定 在宅医療・介護連携のポイント(開催済)
ライン

 2012年4月に予定されている診療報酬・介護報酬の同時改定。
 医療・介護連携の推進から新設される24時間地域巡回型訪問サービスまで「施設完結型」システムから「地域完結型」システムへとシフトするホームケアにおける今後の市場変化にいち早く対応していくために、株式会社ASK梓診療報酬研究所 中林 梓所長に講師をお願いし、医療経営コンサルタントのお立場から特に在宅医療・介護・調剤連携と主な改定ポイントを中心にした講演を企画いたしました。
 今後の企業活動に活用するべく、大勢の皆様にこの機会を是非ご活用いただきたくご案内申し上げます。

 

1. 主 催 日本在宅医療福祉協会
2. 日 時 平成23年12月20日(火)13時10分〜15時10分
3. 会 場 医科器械会館2F セミナーホール[地図PDF109KB] 東京都文京区本郷3-39-15
4. プログラム 13:00 開場
13:10 講演 2012年度診療報酬・介護報酬同時改定 在宅医療・介護連携のポイント
      講師 株式会社ASK梓診療報酬研究所[ホームページ
         中林 梓 所長
15:10 閉会
5. 参加費 協会会員:1名様無料 2名以降各4000円
  一般:8000円
※当日領収書と引き換えに受付にてお渡しください
6. 募集人員 60名(先着順)
7. お申込み 下記より参加登録をお願いします。
申込み期限は平成23年12月15日(木)です。
8. お問合せ こちらからお願いします。
 
     
 

平成22年8月

三角 サンシャイン・ヴィラつくば倶楽夢 視察会---(開催済)
ライン

 高齢化の進展と共に、医療と介護との切れ目のない連携を確立し、包括的なケアを提供する必要性が注目されてきております。
 そのなかで、「保健・医療・福祉複合体」という形で既に先行して具体化され、有料老人ホームを中心にクリニック、ウェルネスクラブ、老健施設、グループホームを併設し、高齢者が「安全」「安心」で「快適」に過ごせる施設として平成21年3月に開設された、「サンシャイン・ヴィラつくば倶楽夢」(茨城県つくば市)の視察会を企画いたしました。
 参加を希望される場合は、下記をご参照のうえお申込みをお願いします。

 

1. 主 催 日本在宅医療福祉協会
2. 日 時 平成22年10月6日(水)13:50〜17:00(予定)
つくぱエキスプレス線 みどりの駅にて13:50集合
3. 施設名 医療法人社団 みなみつくば会
医療・福祉の里 サンシャイン・ヴィラつくば倶楽夢
4. 住 所 茨城県つくば市谷田部6107-1
5. 内 容 施設全般の視察、その後に今川会長より事業理念と事業ビジョンをお聞かせいただき参加者と懇談の時間を設ける予定です。
6. 参加費 2000円(交通費は各自ご負担を願います)
7. 申込み 先着6名様まで。日在協会員に限ります。
お申込みはここから「内容」に「視察会参加希望」と明記のうえ、各項目明記のうえお知らせください。
なお、人数未達の場合でも8月31日12時に一旦締め切ります。
 
     
 

平成21年11月

sankaku 講演会 政権交代に伴う在宅医療・介護関連の制度改正の方向と市場変化---(開催済)
line

 今夏の民主党政権への交代により、医療・介護をはじめとした社会保障制度が大きく変わろうとしています。
 今回の講演会は、注目される在宅医療・介護関連の制度改正の方向と今後の市場変化にいち早く対応していくために、株式会社ASK梓診療報酬研究所 所長 中林 梓先生に講師をお願いし、医療経営コンサルタントのお立場からの情報を中心にした講演を企画いたしました。
 今後の企業活動に活用するべく、大勢の皆様にこの機会を是非ご活用いただきたくご案内申し上げます。

 

1. 主 催 日本在宅医療福祉協会
2. 日 時 平成21年12月10日(木)13時10分〜15時10分
3. 会 場 医科器械会館2F セミナーホール[地図PDF109KB
東京都文京区本郷3−39−15 TEL:03-3811-6761
4. プログラム
13:00 開場
13:10 講演 政権交代に伴う在宅医療・介護関連の制度改正の方向と市場変化
講師 株式会社ASK梓診療報酬研究所[ホームページ
 所長 中林 梓 先生
15:10 閉会
5. 参加費 協会会員:1名様無料 2名以降各4000円
 一般:8000円
 ※当日領収書と引き換えに受付にてお渡しください
6. 募集人員 60名(先着順)
7. お申込み 下記申込みフォームをご利用下さい。
申込み期限は平成21年12月4日(金)です。
8. お問合せ

日本在宅医療福祉協会事務局
〒113-8570 東京都文京区湯島2-31-20 フクダ電子春木町ビル

 
     
 

平成20年9月

講演会 在宅医療・介護関連の制度改正の内容と今後の市場変化---(開催済)

−今後の地域医療の形を中心に−

 今春の後期高齢者医療制度の創設から、在宅療養支援診療所の浸透、介護保険制度までホームケアを取り巻く環境が大きく変わろうとしています。

 今回の講演会は、株式会社ASK梓診療報酬研究所 所長 中林 梓先生に講師をお願いし、在宅医療・介護関連の制度改正の内容と今後の市場変化いち早く対応していくために、医療経営コンサルタントのお立場からの情報を中心にしたご講演を企画いたしました。

 今後の企業活動に活用するべく、大勢の皆様にこの機会を是非ご活用いただきたくご案内申し上げます。

1. 主 催 日本在宅医療福祉協会
2. 日 時 平成20年10月8日(水)13時10分〜15時10分
3. 会 場 医科器械会館2F セミナーホール[地図PDF109KB
東京都文京区本郷3−39−15 TEL:03-3811-6761
4. プログラム
13:00 開場
13:10 講演 在宅医療・介護関連の制度改正の内容と今後の市場変化
 −今後の地域医療の形を中心に−
講師 株式会社ASK梓診療報酬研究所[ホームページ
所長 中林 梓 先生
15:10 閉会
5. 募集人員 60名(先着順)
6. お申込み 下記申込みフォームをご利用下さい。
申込み期限は平成20年10月3日(金)です。
7. お問合せ 日本在宅医療福祉協会事務局
〒113-8570 東京都文京区湯島2-31-20 フクダ電子春木町ビル
 
     
 

平成19年9月

秋季特別講演会
在宅医療の今後の展開−後期高齢者医療制度の方向性−(実施済)

 来春に予定されている後期高齢者医療制度の創設により、ホームケアを取り巻く環境が大きく変わろうとしています。
  今回の講演会は、株式会社ASK梓診療報酬研究所 所長 中林 梓先生に講師をお願いし、この後期高齢者医療制度をはじめとした一連の医療制度改革にいち早く対応していくために、医療経営コンサルタントのお立場からの情報を中心にしたご講演を企画いたしました。
  今後の企業活動に活用するべく、大勢の皆様にこの機会を是非ご活用いただきたくご案内申し上げます。

1. 主 催 日本在宅医療福祉協会
2. 日 時 平成19年9月26日(水)13時10分〜15時10分
3. 会 場 医科器械会館2F セミナーホール[地図PDF109KB
東京都文京区本郷3−39−15 TEL:03-3811-6761
4. プログラム
13:00 開場
13:10 講演 在宅医療の今後の展開
 −後期高齢者医療制度の方向性−
講師 株式会社ASK梓診療報酬研究所
所長 中林 梓 先生
15:10 閉会
5. 募集人員 60名(先着順)
6. お申込み 下記申込みフォームをご利用下さい。
申込み期限は平成19年9月21日です。
7. お問合せ 日本在宅医療福祉協会事務局
〒113-8570 東京都文京区湯島2-31-20 フクダ電子春木町ビル
 
     
 

平成18年12月28日

在宅医療経営講座(日本在宅医療福祉協会後援)

 厚生労働省は終末期医療の在り方を見直し、自宅で死亡する割合を現在の2割から4割に増やすことを目指しています。また、療養病床の削減の計画にともなって、在宅医療の重要性はうなぎのぼりです。また、診療報酬も割高に設定されています。
 しかし、一方では在宅医療の扱う範囲は広範囲で、処置も簡単なものから複雑なものまであり、在宅医療技術の未熟なものにとってはトラブルが起きたときの対処が難しいと思われます。特に、在宅医療では旧来の診療所における医療とは異なるセンスが要求されます。
 以上を踏まえ本講座では、在宅医療のベテランの先生方から新たに在宅医療への取り組みを行う先生方へのアドバイスとして開催したいと考えています。さらに、調剤薬局、訪問看護ステーション、病院、行政といった連携先とも、普通の医師や診療所の先生方とは違う形でのコミュニケーションが要求されます。
 本講座では行政担当者、訪問看護ステーション経営者、薬剤師との付き合いの仕方も学びたいと思います。この講座を受講することで、皆さまが在宅医療を効率的・効果的に行えることを確信しています。多くの方のご参加をお待ちしています。

1. 日 時 2007年1月から第二週め土曜日 15時〜19時 全4回
2. 費 用
一 般) 12万円(1回のみ参加4万円)
日在協) 10万円(1回のみ参加3.5万円)
 ※日本在宅医療福祉協会会員企業からの紹介の場合
3. 定 員 30名
 ※人数が7名以下であった場合にはセミナーを行わないこともありますのでご了承ください。
4. 会 場 多摩大学(品川キャンパス)
 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟27階
 多摩大学ルネッサンスセンター
5. お問合せ 多摩大学 医療リスクマネジメントセンター
 TEL:03-3712-2803 FAX:03-3712-2809
6. 共 催 NPO法人 全国在宅医療推進協会
7. 後 援 日本在宅医療福祉協会
 
     
  ■備 考
 全コース終了後に多摩大学研究所から認証を発行します。
 
     
 

■講師紹介(一部)
○真野俊樹
 1987年名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、MBA。臨床医を経て、95年9月コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。同時英国レスター大学大学院でMBA取得。その後、国立医療・病院管理研究所協力研究員、昭和大学医学部公衆衛生学(病院管理学担当)専任講師を経て、2005年6月多摩大学医療リスクマネジメントセンター教授就任。名古屋大学医学部医療情報部非常勤講師・客員研究員、藤田保健衛生大学客員教授。2004年、京都大学にて博士(経済学)取得。産経新聞連載中、医師、日本内科学会認定専門医、ケアマネージャー FACP(米国内科学会認定専門医会上級会員)、著書多数。

○太田秀樹
 1953年奈良市生まれ。‘79年日大(医)卒。付属板橋病院麻酔科にて研修。‘81年自治医大整形外科入局。自治医大大学院修了後、同大整形外科医局長、専任講師を経て、‘92年在宅医療を旗印に、おやま城北クリニック開院。現在蔵の街診療所、街かどクリニック世田谷など在宅療養支援診療所3箇所・訪問看護ステーション・介護老人保健施設・宅老所・グループホームを運営する医療法人アスムス理事長。NPO法人 在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク副会長。NPO法人 在宅医療推進連絡協議会副理事長 日本在宅医学会幹事など努め、在宅医療の普及に努力。医学博士、日本整形外科学会認定専門医、麻酔科標榜医、介護支援専門員。

○滝童内浩子
 1968年国立横浜病院附属高等看護学院卒業後国立横浜病院に就職、その後横浜市に入職する。横浜市においては、臨床の看護師・看護師長・総看護師長や本庁病院事業課担当課長等を歴任後、1999年開院の市立脳血管医療センターの開設準備から携わり初代看護部長に就任。2003年4月より現職。2005年3月国立大学法人千葉大学大学院看護学研究科修士課程修了。日本看護協会看護師職能委員や神奈川県看護部長会役員、神奈川県リハビリテーション協議会委員、神奈川県看護職員資質向上推進委員等を歴任し、2005年より神奈川県訪問看護推進協議会委員。神奈川県や他県看護協会等のセミナー講師や、神奈川県看護協会・国際医療福祉大学認定看護管理者教育課程・埼玉県立大学認定看護師教育課程の非常勤講師を勤める。横浜市域でリハビリテーション看護や地域看護に関する研究会活動を行う。日本看護管理学会・医療マネジメント学会等の会員。日本在宅医療在宅ケア研究会理事。

○佐藤美穂子
 1972年高知女子大学衛生看護学科卒業、1986に日本看護協会訪問看護開発室に勤務、1995年に 厚生省老人保健福祉局老人保健課に勤務(訪問看護係長)その後、介護技術専門官、訪問看護専門官、看護専門官を経て、2001年3月末退官。2001年より日本訪問看護振興財団に勤務、2002年12月より当財団常務理事。加入学会は日本看護科学学会、日本ケアマネジメント学会等。

○岡島潤子
 株式会社やさしい手 居宅介護支援事業部部長(介護支援専門員・社会福祉士)1964年 慶應義塾大学文学部(社会学専攻)卒業。夫の勤務により子供(一女一男)と共に海外駐在生活5年間を過ごし、欧米諸国の高齢者ケアの先進性に啓発される。1992年9月 都内の有料老人ホームでケアスタッフ・チーフ、生活相談員として勤務。海外研修(オーストラリアのケア制度研修)等多数の研修に参加する機会にも恵まれる。1999年9月 介護保険制度開始に当たり、在宅における支援を希望し鰍竄ウしい手に入社。新宿居宅介護支援事業所及び訪問介護事業所を立ち上げる。新宿区より在宅介護支援センターの事業運営「新宿区西新宿在宅介護支援センター」を受託する。目黒区大橋在宅介護支援センター長を経て、2005年7月 居宅介護支援事業部設立 事業部責任者となる。現在、居宅介護支援事業所25ヶ所、地域包括支援センター4ヶ所、在宅介護支援センター2ヶ所を統括、介護支援専門員92名を統括。東京都介護支援専門員研究協議会副理事長・東京都ケアマネジメントリーダー東京都予防ケアマネジメント指導員・新宿区ケアプラン評価委員。

 
 
2014.11.07